わかさの老活五感日記

難病夫婦の老いに負けない 前向き活動日記です。

ひざの痛み

膝の痛みは症状が軽い間に対策をすれば、自分で治す事が可能です。

膝の痛み緩和に効果がある膝関節周りにあるツボ刺激の方法

膝関節周りにある鶴頂や内膝眼、外膝眼と呼ぶツボは刺激する事で血行が良くなり、硬くこわばった筋肉や腱を柔らかくして痛みを緩和する効果があります。ツボの場所や刺激を与える押し方、ケア方法について紹介します。

正座や曲げ伸ばしが楽になる、膝の皿ストレッチ

正座や膝を曲げ伸ばした時に、痛みや引っかかり、こわばりを感じる場合、半月板の損傷が多く、40代以降の中高年になると起こりやすくなります。膝の皿ストレッチは半月板の損傷や変形性膝関節症の初期から中程度の症状の軽減に効果があります。

椅子に座って両足を押し合う、膝の痛み改善筋トレ!

膝を支えている筋肉が衰えると変形性膝関節症を発症したり悪化する原因になりやすく、膝の痛みの改善には筋トレによる筋力強化が重要になります。椅子に座って両足を押し合うだけで、簡単に筋力強化になる、膝の痛み改善筋トレを紹介します。

しゃがんだり正座での膝の痛みが軽減する足首の8の字体操

座ってできる、足首の8の字体操は、腰から足首までの筋肉をほぐし、靭帯の柔軟性を取り戻すことで、膝関節の動きもスムーズになり、痛みが和らぎます。しゃがんだり正座をする時に膝が痛む人に効果的な足首の8の字体操を紹介します。

膝の痛みの放置はロコモ予備軍の可能性大!

40代から増え始める膝の痛みや違和感は、50代になると関節の摩耗や変形と合わさって急速に運動器障害として現れてきます。症状が進むと全身の機能が低下してロコモになる恐れがあります。膝の痛みからロコモになる危険性について紹介します。

痛みのない膝関節に必要な健康成分の効果と働き

膝関節の骨を構成するカルシウムや軟骨の原料成分となる、グルコサミンやコンドロイチンなどは、体内で作られますが、加齢とともに体内での生成量が減少して痛みや腫れに繋がっていきます。膝関節に必要な成分を補うためにも、健康成分の効果や働きを理解し…

膝や股関節をほぐし可動域を広げる、8の字体操

気軽にできる8の字体操は、関節の可動域を広げ柔軟になるため、こわばりを感じる人から、変形性膝関節症で膝がぶよぶよして、水が溜まっている人まで効果がある体操です。ウォーキングやストレッチ前に膝関節をほぐす準備運動にも最適です。

膝の痛みを自分で治す、5つのポイントと注意点

膝の痛みは自分で治せる関節痛ですが、膝に悪い影響を与える生活習慣を見直し、痛みを緩和したり膝痛をなくすには、正しいケアに取り組む事が大切です。自分で治すための5つのポイントと注意点について紹介します。

40代からの女性に多いO脚の表面化は変形性膝関節症のサイン!

女性に多いO脚の進行が表面化する40代になると、変形性膝関節症のサインとも言える、膝の痛みも増えてきます。痛みを防ぐにはO脚の進行を抑え、元の脚に近づける矯正体操が効果を発揮します。O脚による症状と膝の痛みの改善や予防について紹介します。

椅子に座る時に膝が痛む原因

椅子に座る時に膝が痛む原因には、膝関節の軟骨がすり減って関節が動かしにくい、太ももの筋力が衰えている、股関節から足首までの筋肉や靭帯、腱などがこわばっているなどが考えられます。股関節から足首までの筋力強化やこわばりを無くす事で痛みが和らぎ…

椅子から立ち上がる時に膝が痛む原因

椅子から立ち上がる時に膝が痛む場合、膝の皿や半月板の位置がずれていたり、傷ついている可能性があります。アライメントが乱れている事もあり、こわばった太もも裏側の筋肉をほぐす事で、痛みを和らげる事ができます。

階段を上る時に膝が痛む場合の膝をいたわる上り方

膝が痛む女性の大半はO脚が原因で、O脚が進行する40代から膝の痛みも増え、階段を上る時に痛みを感じる中年女性が急増しています。膝をスムーズに動かし痛みを和らげる体操や膝をいたわる階段の上り方について紹介します。

階段を下りる時に膝が痛む場合の膝をいたわる下り方

階段の上り下りでも、特に下りる時に膝が痛む場合、膝蓋大腿関節症と呼ばれる変形性膝関節症の症状や、半月板のずれが原因で痛む事が多く、筋力のバランスを取ったり、膝関節の可動域を広げる体操が痛みの改善に効果的です。

膝を曲げるとポキポキやギューと音が鳴る

膝を曲げる時にポキポキやギューと音が鳴る場合や、カックンカックンと響きを感じる事がありますが、頻繁に感じる場合、膝関節や股関節に変形やひっかかりの障害がある可能性があります。膝が泣いています。放置をすれば、変形性膝関節症や変形性股関節症に…

膝の痛みを自分で治すには、膝関節のアライメントを整える事が大切です

長年の悪い姿勢や癖で、膝関節に偏った負荷がかかると、荷重がかかる接点がずれ、炎症や痛みが発生します。自分で治すには、体操で筋力のバランスを取り、靭帯をほぐす事が膝関節のアライメントを整える事になり、痛みや炎症が治まってきます。

正座の痛みで分かる変形性膝関節症の進行度

変形性膝関節症が進行すると、正座ができなくなりますが、膝関節を曲げられる限界まで深く曲げる正座は、痛みから膝の異変に気づきやすく、改善の目安にしやすい動作と言えます。関節の変形度合いで分けられる、変形性膝関節症の進行度について紹介します。

正座やしゃがんだりできない膝の痛みは、可動域を広げる

正座をしたり、しゃがんだりするする時の膝の痛みは、深く曲げることで、軟骨がすり減った関節に強い負荷がかかる事が原因です。膝関節の動かせる範囲、可動域を広げる事が、痛みを和らげる最善の方法です。

正座やしゃがむ時、膝の裏にものが挟まったような圧迫感がある

正座をしたり、しゃがんだりする時には、膝を深く曲げますが、膝の裏にものが挟まったような違和感やこわばり、圧迫感があり、立ち膝が多くなれば、変形性膝関節症の初期症状の可能性があります。症状がかるい初期の内に体操やエクササイズで変形性膝関節症…

膝が腫れぶよぶよする!皿の周囲に水がたまったの?

膝が腫れぶよぶよする場合や皿の周囲がパンパンに張る場合、ひざ関節の炎症による熱を冷ますため、液体(水がたまる)が分泌されます。膝がぶよぶよしても放置すれば、痛みが激しくなり、注射で水を抜くはめになります。早めに体操やマッサージをすれば、自…

膝が曲がる!まっすぐ伸ばせない原因は?

膝が曲がっているのは、膝を伸ばすと痛むため、無意識に伸ばさなくなる事で筋肉が硬くなり、益々、まっすぐ伸ばせなくなり、直立姿勢や長座が難しくなります。姿勢も悪くなり、背中も曲がり、猫背にもなりやすくなります。膝をまっすぐ伸ばせない原因につい…

変形性膝関節症が悪化する段階的な自覚症状

変形性膝関節症は、年月を経て次第に悪化していきますが、ひざに違和感を感じる初期の状態で体操やストレッチ、筋力を鍛える運動などで改善をすれば、悪化を防いだり、完治も可能です。そのためにも、自分の自覚症状がどの段階なのかを理解することが大切に…

40代から増える膝の痛みが変形性膝関節症に発展する原因

膝の痛みに悩まされる中高年が増えていますが、その多くは、変形性膝関節症という病気によるものです。変形性膝関節症は、40代から誰もがかかる可能性のある身近な病気ですが、適切な治療や改善を行なえば、必ず治すことができます。変形性膝関節症に発展す…

膝痛と間違いやすい全身の病気とは?

女性や中高年に多い膝の痛みは、全身の病気が原因で起こっている場合があります。体操やストレッチをしても治らないだけでなく、治療が遅れ、危険になることもあります。膝痛と間違いやすい全身の病気を紹介します。

女性やスポーツ選手に多い、膝が痛むスポーツ障害の症状や疾患

市民マラソンや登山などを楽しむ女性が増えていますが、正しい準備運動やストレッチの知識が無いまま続けているとスポーツ障害ともいえる膝の痛みを発症する場合があります。激しいスポーツや労働作業など、痛めた原因や症状によって分けることができます。…

女性に多い股関節の痛みが膝の痛みの原因かも?

膝の痛みの原因に股関節が悪く、股関節をかばって、膝に無理な負荷がかかり、膝を痛める女性が増えています。股関節が悪いと、鳩胸の姿勢になりやすく、膝を痛める要因になります。股関節の痛みが膝に及ぼす影響について紹介します。

肥満が膝の痛みの最大の原因?

ひざ関節は、寝ているときと座っているとき以外は体重の何倍もの荷重を支え続けるため、体重が重いほど負担が大きく、膝の痛みを発症しやすくなります。肥満の予防、改善は生活習慣病を予防し、膝以外の健康管理にも役立ちます。

女性に多い血行不良による膝の痛み!

女性の多くが、血行不良が原因で膝の痛みを更に悪化させています。血行を良くするための生活改善の工夫で痛みを和らげることも可能です。血行不良が膝に与える影響や血行を良くする生活改善、ひざ関節をいたわる工夫について紹介します。

運動不足による筋力の低下が膝の痛みを引き起こす!

膝の痛みを引き起こす原因に、40歳を過ぎた頃から、ひざ関節を屈伸させるときに使われる、太ももの筋肉(大腿四頭筋)の筋力が低下することが挙げられます。特に女性は男性より筋力が弱いことと、主婦の運動不足による筋力の低下が痛みを引き起こす原因にな…

膝の痛みの殆どが、ひざ関節の軟骨のすり減りが原因?

膝の痛みの多くは、膝関節を覆う軟骨がすり減り、弾力性を失う変形性膝関節症によることが多く、一度すり減った軟骨は手術による再生以外に元に戻すことはできません。軟骨がすり減る原因を改善しケアに取り組めば痛みを治すことは可能です。軟骨がすり減る…

ひざ関節の仕組みと役割!ひざの痛みの原因や改善策は?

女性に多い、ひざの痛みは、生活動作や長年の癖などによって痛む箇所がひざの内側や外側などと変わり、症状を治す方法も変わってきます。ひざ関節の仕組みと役割を理解して、痛みの原因を知り改善に役立てましょう!