わかさの老活五感日記

難病夫婦の老いに負けない 前向き活動日記です。

庭に咲く今が盛りの紫陽花と終り近いバラ一番花の切り花

バラと紫陽花の切り花

 

梅雨の晴れ間、庭に咲く紫陽花とバラを切り花にしてみました。

切り花にする事で、庭で点在していた紫陽花やバラも一度に眺める事ができ、玄関にバラの香りが漂っています。

紫陽花とバラの紹介

紫陽花はピンクの紫陽花と白いガクアジサイです。

白い紫陽花もあるのですが、昨年深く剪定をしすぎ、花が咲く事はありませんでした。

 

毎年、花が終わった後に、今年伸びた枝を二芽ほど残し剪定をするのですが、株が古くなるほど枝が伸び、樹高が高くなりすぎるので思い切って低く剪定した結果です。

来年は、低く沢山咲く予定です。

 

バラの一番花は、沢山の花を咲かせている時は、見応えがあり切り花は必要最小限に留めています。

 

花の終わりが近づき、花弁が雨に打たれ散り始めると、株元や葉っぱ、トゲのある枝にひっつき、醜くなるため早めに花がらを切り落としています。

 

切り花の殆どのバラが無香や微香の為、パパメイアンの強いダマスクの香りだけが玄関に漂っています。

 

切り花にしたバラの色と名前を画像で紹介

 

ディスタントドラムス

ベージュ色:色の変化が楽しめる、ディスタントドラムス

 

 

パパメイアン

赤:強いダマスクの香りが特徴的な黒バラ、パパメイアン

 

 

フジサンフォーエバー

淡いピンク: 色の七変化が楽しい、フジサンフォーエバー(ミニバラ)

 

 

クイーンエリザベス
ピンク:空に向かって真っ直ぐに咲く、クイーンエリザベス

 

 

ジョン F ケネディ
白:黄色味を帯びた白バラの大輪、ジョン F ケネディ

 

名前を知ってるだけでも優雅な気持ちになれます。

 

再び一斉に花が咲く秋バラまでは、二番花、三番花の花が其々の品種ごとに楽しませてくれます。

 

間もなく、紫陽花の花が終わり、サツキと共に来年の花のための剪定が始まります。