わかさの老活五感日記

難病夫婦の老いに負けない 前向き活動日記です。

皇位継承にちなんで皇室バラ、プリンセスミチコ、マサコの紹介です

我が家のクイーン・エリザベス

クイーン・エリザベス

皇位継承の行事が恙無く成される事を祈るばかりですが、平成最後の日に皇室名が付けられた沢山の皇室バラの中からプリンセスミチコマサコ、プリンセスアイコの花で華やかに皇位継承をお祝いしたいと思います。

スポンサーリンク
 

皇室名が付けられた皇室バラ

バラの名前は、新しい品種を作出した人が自由に名前を付け届ければ固有のバラの名前として世界中で呼ばれる事になります。

昔から高貴なイメージが有るバラには、皇室にちなんだ名前のバラが沢山有ります。

 

イギリスのエリザベス女王にちなんだバラ、クイーン・エリザベスやモナコ王妃にちなんだバラ、グレース・クイーンから日本の皇室ではプリンセス・ミチコやプリンセス・チチブ、プリンセス・キコ等、数多くの皇室バラが作られています。

皇位継承の主役、美智子妃殿下と雅子妃殿下にちなんだバラの花を紹介します。

 

プリンセス・ミチコ

プリンセス・ミチコは1966年にイギリスのディクソン社から美智子皇太子妃にちなんで付けられたバラです。

丸みを帯びたオレンジ色の花が鮮やかな中に柔らかさを感じるバラです。

 

私がプリンセス・ミチコを初めて見たのは、2012年の6月に伊勢神宮に参拝し、地元の方から神宮バラ園が在る事を伺い、その日の内に来園したときでした。

神宮バラ園は内宮駐車場から道路を隔てた山沿いの坂道を登った中腹辺りに在ります。

 

バラ園の一角に皇室にちなんだバラが植えられたコーナが在り、プリンセス・ミチコや他のバラが何種類も有った事は覚えていますが、一番花が終わった6月の来園だったため写真に残す事が出来ませんでした。

只、クイーン・エリザベスやクリスチャンディオール、マリア・カラス、プリンセスドゥモナコ等は花を見る事が出来、写真に納めています。

 

エンプレスミチコ

エンプレスミチコは1992年にプリンセス・ミチコを贈呈したディクソン社によってる皇后となられて4年目の美智子皇后にちなんで付けられたバラです。

穏やかで気品のある花の色が特徴的です。

 

マサコ(プリンセス・マサコ)

マサコ(プリンセス・マサコ)は、セーブ・ザ・チルドレン基金というチャリティー団体を設立したエグランタインにちなんで付けられたバラ、エグランタインの別名でもあります。

雅子様が皇太子妃に即位された事にちなんで、エグランタインに別名で付けられました。

 

デビッド・オースチンが推奨するイングリッシュローズのバラです。

四季咲き大輪系で大きく気品のある優しいピンクの花はイングリッシュローズファンにとても人気があるバラです。

 

プリンセス・アイコ

プリンセスアイコは愛子様の誕生を祝って、2002年に京成バラ園芸が作出したバラに付けられた名前です。

クイーン・エリザベスの色に似た咲き始めのサーモンピンクの色から白味を帯びていく優しい花が愛子様のイメージにピッタリに思えます。

 

私が頻繁に訪れる、びわ湖大津館イングリッシュガーデンのローズガーデン内にも皇室ゾーンが設けられており、プリンセス・ミチコやプリンセスアイコのバラを見る事が出来ます。

連休前からの寒の戻りで連休中に咲き揃う事は無理かもしれませんが、中旬には咲き揃うと思われます。

 

全国各地の有名なバラ園には、皇室バラが植えられていると思われますので、是非ご覧になって下さい。

 

にほんブログ村への応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 花・園芸ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

最後に

皇位継承の日にちなみ、明治の美子皇后以降開かれた皇室に向けて尽力された美智子皇后に感謝の意を表すと共に、雅子さまらしい令和皇后に成られる事をお祈り申し上げます。

 

スポンサーリンク