わかさの老活五感日記

難病夫婦の老いに負けない 前向き活動日記です。

痛みのない膝関節に必要な健康成分の効果と働き

膝関節に必要な健康成分の効果

膝関節の骨を構成するカルシウムや軟骨の原料成分となる、グルコサミンやコンドロイチンなどは、体内で作られますが、加齢とともに体内での生成量が減少して痛みや腫れに繋がっていきます。

膝関節に必要な成分を補うためにも、健康成分効果や働きを理解しておいて下さい。

スポンサーリンク
 

膝関節に必要な成分

膝関節に違和感や不調を感じると、痛みや腫れなどで、膝の曲げ伸ばしがスムーズにできなくなります。
膝関節を作っている骨やクッションの役割をしている軟骨は老化や加齢とともに、すり減ってきます。

 

膝関節の主成分と役割

骨の主成分はコラーゲンとカルシウムですが、栄養成分は血液によって運ばれます。
軟骨の場合は、周りにある関節液を通して血液によって運ばれた栄養成分を吸収したり、老廃物を排出したりしています。

 

軟骨の主成分と役割

軟骨の主成分は骨と同じようにコラーゲンですが、骨と異なるのはプロテオグリカンと水分を含み、水分の主成分が化粧水に使われるヒアルロン酸で、プロテオグリカンに水分や栄養素を送る役割をしているのがコンドロイチンです。

プロテオグリカンと呼ぶ成分は、軟骨を滑らかに保つ大切な働きをしており、プロテオグリカンが減ってしまうと水分も失われ、関節の伸縮が上手くできなくなります。

 

このプロテオグリカンの生成に重要な役割を果すのがグルコサミンなのです。

膝が痛む原因として多いのは軟骨のすり減りですが、軟骨を健康に保つにはグルコサミンとコンドロイチンの果たす役割が大きく、減少する事なく補う事が大切なのです。

 

膝関節に良い健康成分の効果と働き

膝関節になくてはならない栄養成分の紹介です!

 

グルコサミン

膝関節のすり減りを補って、痛みも緩和してくれます!

 

グルコサミンは、関節のクッションの役割をする軟骨の重要成分、グリコサミノグリカンの産生を刺激する働きがあり、減少すると、すり減った軟骨の修復ができず、痛みのある関節の変形に繋がっていきます。

グルコサミンをサプリメントなどで補給する事で、軟骨が修復され、変形性膝関節症の改善に役立つ事が分かっています。

 

グルコサミンのサプリメントは、カニやエビなどの甲殻類から抽出したエキスが原料で、コンドロイチンと一緒に摂取すると、グルコサミンの作用が高まる事も分かっています。

 

コンドロイチン

膝関節の動きをサポートする潤滑油の働きがあります!

 

コンドロイチンは体内でたんぱく質と結合して存在するムコ多糖の一種で、関節軟骨に多く含まれていますが、加齢とともに生成量が不足しがちになってきます。

水分をゲル状にして抱え込む性質があり、関節の軟骨内ではクッションとなって、骨にかかる荷重や衝撃を吸収しています。

 

グルコサミンと併用して摂取すると、緩衝材としての軟骨の機能が強化され、関節の動きがよりスムーズになります。

 

MSM(メチルサルフォニルメタン)

栄養素を吸収する基で関節の強化に欠かせません!

 

天然の有機イオウ成分で、穀物や緑黄色野菜、魚、牛乳などに僅かに含まれています。

体内では、関節、筋肉、皮膚、髪、爪、骨などの細胞組織液に含まれ、体の機能にもっとも重要な要素ですが、加齢によって作られる量も減ってきます。

 

MSMは、関節細胞の弾力性を保つ役割をしているコラーゲンを健康に保つ働きがあり、関節炎による痛みや炎症を抑える働きがあります。

MSMは、細胞が生まれ変わる際に効率よく利用され、健康的な細胞を作り上げるのに役立っています。
MSMを他の栄養素と一緒に摂取すると、栄養素が体内細胞に効率よく行き渡る相乗効果が見込めます。

 

カルシウム

骨の密度を上げて、骨粗しょう症を予防します!

 

カルシュウムは骨の健康には欠かせない栄養素です。

閉経後の女性は、骨を丈夫にする働きがある、女性ホルモンのエストロゲンの低下で骨量が減少するために、積極的に摂取しないと、骨粗しょう症のリスクが高まります。

 

食生活では不足気味になりやすいため、サプリメントなどで補うのが最良です。

 

コラーゲン

女性の肌に嬉しい成分が、骨に働きかけ関節の動きを改善してくれます!

 

コラーゲンは、肌のハリや若さを保つ成分として知られていますが、骨や関節でも重要な役割を果たしています。

カルシウムを骨に定着させ、骨の強度を高めていますが、コラーゲン組織が衰えると接着作用が弱まり、骨密度の低下を招きます。

 

コラーゲンの補給は骨粗しょう症の予防にもなり、関節の軟骨にも作用してその動きを改善します。

 

キャッツクロー(ネコの爪)

免疫力を高め、痛みや炎症を鎮めてくれます!

 

キャッツクローは、南米ペルーのアマゾン奥地に生育するハーブで、葉の根元にネコの爪に似た刺を持つ事が名前の由来です。

樹皮や根に含まれるアルカロイドと呼ぶ成分には、自然治癒力を高める働きや、痛みを和らげたり炎症を抑えたりする、鎮痛、抗炎症作用があります。

 

プラセンタ

多彩な栄養素を持つ自然薬です!

 

プラセンタとは英語で胎盤の事ですが、アミノ酸やビタミンなどの栄養素で構成され、肝炎や更年期障害などの治療薬や、皮膚炎などに応用され、自然治癒力の向上にも役立っています。

 

イソフラボン

カルシウムを助け、骨の新陳代謝に役立っています!

 

イソフラボンはフラボノイドの一種で、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た分子構造から、閉経後の骨量を維持したり、骨粗しょう症の予防に役立つ働きがあります。

 

ニンニク

3つの成分が疲労回復や体力アップの秘密です!

 

ニンニクには、血行促進や殺菌抗菌力を持つアリシン、新陳代謝を活発にするスコルジニン、疲労の解消に役立つビタミンB1の3つの成分が含まれ、血行をよくして体を温めたり、疲労回復や体力増強に利用されています。

 

ショウガ

体を温めてくれます!

 

ショウガは漢方薬の原料として薬効が知られ、風邪の予防にショウガ湯が飲まれたり、料理の薬味として利用されています。

ショウガの主成分ジンゲロンは、血行の促進、消化促進、殺菌作用、体を温める作用などがあります。

 

アイハ(iHA)

最近話題の新成分です!

 

アイハ(iHA)(ヒアルロン酸産生誘導ペプチド、Inducing Hyaluronic Acid)は、卵黄ペプチドの一種で、関節の軟骨を活性化させる成分です。

iHAは、ヒアルロン酸が持つ保湿成分やグルコサミンが持つ軟骨のクッション成分をさらに引き出し、パワーアップしてくれます。

 

にほんブログ村への応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 花・園芸ブログへにほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

 

最後に

膝関節を健康に支えるための成分が沢山あり、大切な効果や働きがある事がお分かり頂けましたでしょうか!
40代から膝関節に必要な栄養成分の体内での生成量が減って、痛みや炎症に繋がりかねません。
サプリメントなどで上手く補充して、ストレッチやウォーキングができる元気な毎日を過ごしましょう!

 

スポンサーリンク