わかさの老活五感日記

難病夫婦の老いに負けない 前向き活動日記です。

新元号予想と願い|平成時代の反省と希望

皇位継承

皇位継承に伴う新元号が4月1日に発表されますが、これまでの元号にはその時代の反省や次世代への希望が託されているように思われます。
すでに決定しているであろう新元号への私なりの予想と願いを語ります。

新元号は有識者の方々の提案によって政府が決定し、発表する準備はできていると思われます。
これまでの元号を考えてみても、字画数が少なく低学年の小学生が習字で書ける様な優しい漢字で構成されています。

無識者の私であっても想像が付く様な元号であるはずです。
そのため私も希望や願いを込めて予想してみました。

元号と時代の背景

明治以降の元号には、その時代の背景が現れている様に思われます。

 

元号 明治

徳川幕府の長い鎖国時代が続いた江戸時代に終止符を打ち、外国との交流を図ろうとする開かれた時代をイメージ出来ます。
あかるくおさめる、明るく(開かれた)統治する。

 

元号 大正

明治時代には、日清戦争や日露戦争を経て、勝利ムードの中で迎えた新元号は明治の政策を引き継ぐような形で大きく正しいと理解しました。

 

元号 昭和

昭和も大正時代を引き継ぐように、照り輝いた(昭)日本(和)を誇示するか目指す様な元号に思えます。

 

元号 平成

日本は明治時代から昭和の時代まで、世界中と戦争を繰り返し、太平洋戦争で初めて敗戦を経験し多大な戦没者と日本の存続が危ぶまれるまでの危機を経験しました。

その後、二度と戦争をしない平和な国として生まれ変わる覚悟が現れた元号と思えます。

 

新元号への願い

新元号を予想する

これまでの元号決定の背景には前元号中に起きた重大な出来事への反省と同じ様な事を繰り返さないための願いが込められている様に思えます。
したがって、新元号には平成時代の主な出来事がヒントになるかと思います。

 

平成時代の主な出来事

平成時代は経済も発展し平和ボケと言われるほど苦労を知らない世代が増えました。

一方で平成7年の阪神大震災や平成23年の東日本大震災、その後の熊本地震や大阪北部地震等の大地震、集中豪雨や台風による災害等、自然災害が多発し毎年の様に日本のどこかで大きな災害が発生していました。

 

また、少子高齢化に関わる諸問題やストレスからくる病気や犯罪等も深刻な問題として取り上げられます。

 

新元号予想

そんな災害やストレスが少ない時代が来る事を願うには、安定、安全、安心、安静等の言葉が浮かんできます。

私が願う第一候補の文字は「安 」になります。

 

安は、心配がない事、安らか、値段なのが安い事、たやすい事等、前向きで肯定的な言葉に使われています。

もう一文字は「安 」を支える文字、つまり平安、静安、保安、安久、安栄、安永、安清、安生、安念、安寿等次世代に希望や夢が持てる文字が浮かびます。

 

にほんブログ村への応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 花・園芸ブログへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

 

最後に

1週間後には分かる新元号ですが、どの様な元号に成ろうと5月から使われれば直ぐに馴染む事でしょうが、願わくば「安 」を含めた元号であって欲しいと願っています。